2020年人事院勧告

【2020年人事院勧告】
2020年度の国家公務員一般職の給与改定を0.05カ月分引き下げるよう勧告されました。一時金の引き下げは10年ぶりとなります。
また、月例給については、別途勧告がおこなわれる予定です。
コロナ禍ので経済に大きな影響が出ている状況での̠引き下げ勧告。月例給にもどのような影響が出るか心配するところではありますが、早くコロナが終息することを願うばかりです。
組合員の皆様には、本日、組合より情報紙を送付いたします。

カテゴリー: blog パーマリンク